編集部オススメ!注目の記事 PICK UP!

もち麦と体操教室のコラボで新しい健康習慣!キャンペーン実施中

2月いっぱいまで応募可能のキャンペーン実施中

大麦・玄米などの食品の製造及び販売事業を行う株式会社はくばくと、健康体操教室「カーブス」が、共同で「もち麦を食べてプチ贅沢キャンペーン」(以下、同キャンペーン)を実施しています。

同キャンペーンでは、カーブスの会員のみ、はくばくが販売する「もち麦」・「もち麦800g」のバーコード3枚を集めて応募することができます。期間は2020年2月29日(土)までです。

「朝食にもち麦」で血糖値の上昇を抑える効果が!

1日の最初に摂った食事が、次の食事を摂った後の血糖値にも影響を与える。そう定義されている「セカンドミール効果」では、1日の最初、つまり朝食で何を食べるかが重要視されています。

血糖値の急激な上昇は、糖尿病や動脈硬化などさまざまな病気のリスクを高め、健康にダメージを与えかねません。したがって、食後の血糖値の上昇をゆるやかにすることが、健康キープにつながります。

そんなセカンドミール効果が得やすい、と言われているのが大麦やきのこ類、海藻類など、糖の吸収を抑えるはたらきがある水溶性食物繊維β-グルカンが豊富に含まれている食材です。

食物繊維はごぼうの2倍以上!健康・ダイエットに

セカンドミール効果を意識し、大麦の一種である「もち麦」を毎日の朝食に取り入れるだけで、食後の血糖値が激しく上昇することを抑制し、健康を維持することにつながります。

さらに、もち麦は、水溶性・不溶性の食物繊維がそれぞれバランス良く含まれているだけでなく、その成分量がごぼうの2倍以上と豊富に含まれていることもオススメのポイントです。

整腸作用がありダイエットにも適しているものの不足しがちな食物繊維を手軽に摂ることができる点でも健康的な食材と言えます。

はくばくは、身体のメンテナンスを意識し始める年初めこそ、朝食に着目した新しい健康習慣をスタートさせることを勧めています。

(画像はPRTIMES掲載のプレスリリースより)

関連記事

  1. 糖質70%オフのつゆの素を使用したレシピをウェブ配信!

  2. クーポン提示でリンガーハットの低糖質めんが無料に!

  3. GI値28の生はちみつを使用したチョコクッキーサンド発売!

  4. おたるダイニング、2月のおまかせセットの販売を開始

  5. 低糖質な高野豆腐のダイエット本が10万部の売り上げを記録

  6. 1本の糖質量は約16g!低糖質版「アサイードリンク」

  7. 太る理由は肉じゃなかった!ドクター牧田 最強の食事術を紹介!

  8. グルテンフリーの米粉パン専門店「biossa」オープン

  9. 完全栄養パン「BASE BREAD」に糖質30%オフのチョコレートフレーバー登場

人気記事

PAGE TOP